自動車を廃車にする方法は2種類ある

廃車の極意 広く一般に「廃車」と呼ばれている手続きは、正式には「抹消登録」と呼ばれる自動車の登録手続きの一つです。
この抹消登録は目的に応じて「一時抹消登録」と「永久抹消登録」の2種類に分かれます。
一時抹消登録は、解体は行わずに使用を一時的にやめるための手続きで、海外出張や入院など、長期間にわたって自宅を留守にしなければならなくなった場合などに便利です。
一時抹消登録を行った車両は、使いたくなった段階で車検に合格すれば再び公道上を走ることができるようになり、考えが変わって二度と使用しない場合は解体業者に車両を引き渡した後、解体の届出を行えば法的にも処分したとみなされます。
一方、世間一般で語られる廃車は、永久抹消登録のことを指す場合がほとんどです。
こちらは二度とその車両を使用しない場合に行うもので、手続きが終了するとその車両で公道上を走行することは永久にできなくなります。
通常は、解体業者に引き渡して解体処理をしてもらった後に手続きを行いますが、稀にあえて解体せずに永久抹消登録をする人もいて、登録手続き完了後は車両を展示品として保管したり、倉庫として使用するなどしています。
なお、一時抹消登録と永久抹消登録の名称は主に登録自動車を廃車にする場合に用いられるものであり、軽自動車を廃車手続きの場合は一時抹消登録にあたる手続きが「自動車検査証返納」、永久抹消登録にあたる手続きが「解体返納」と名称が変わります。

ブログからみる廃車の極意

「そろそろ新車に乗り替えたい」「ほとんど車に乗らないから手放したい」「廃車にするにはどうしたらいいのだろう」と悩んでいませんか。
今まで大切に乗り続けていた家族同然だった車を手放すのは寂しい反面、どうせ売るなら少しでも高く売りたい、信頼できる会社に引き渡したいと思うのは当然です。
そこで今回は、車を廃車をする極意として基本的な情報をお伝えします。

1.廃車(売却)のタイミング   車の維持費に最も費用がかかるのは車検費用。
次に自動車税・重量税等税金関係、更に任意加入の自動車保険などがあります。
これらの支払いを済ませてから車を廃車にするのは大変勿体ないです。
残念なことに査定に影響しないことが多いからです。
特に一番費用のかかる車検については、車検時期を必ず確認し、売却のタイミングを確認しましょう。

2.下取りより中古車買取会社へ売却  新車への乗り替えをお考えの場合、面倒なのでついつい販売会社で下取りをお願いしまいがちです。
年式や車の状態によっては中古車買取会社の方が高く買い取ってくれます。

3.買取手続きをする場合はインターネットによる一括見積査定  中古車買取会社に車を引き取ってもらう場合は、必ずインターネットによる一括見積査定を行いましょう。
直接、中古車買取会社に車を持ち込むと相見積もりができなくなってしまう場合があるので、必ず一括見積査定を行います。
インターネットサイトやブログで一括見積査定サービスを実施しているので、必ずチェックしましょう。

いかがでしたか。
口コミサイトで中古車買取会社の対応をチェックしたり、ブログ等で実際に車を手放した方の記事を読むのも非常に参考になるのでお勧めです。

廃車の手続きをしたい方へおすすめサイト

高額査定、レッカー代も無料で買取りします。

廃車 買取