廃車の永久抹消と一時抹消の違い

廃車の永久抹消と一時抹消の違い 自動車の廃車とは、正式には運輸支局などの行政機関において名義を削除することを指して言うものです。
この名義を削除する手続きを抹消手続きと言いますが、根拠となる法律の条文からよく15条抹消、16条抹消という言い方もされています。
根拠となる条文が違うのは、抹消登録においては一時的に名義を削除する一時抹消と、自動車の現物が存在しないこと等による永久抹消とがあり得るためです。
一時抹消の場合は、再度ナンバープレートの交付を受けてその自動車の利用を行うことも可能です。
一方、永久抹消では自動車の現物それ自体が存在しません。
存在しないことを前提にした廃車の手続きですから、同じ車両が再度登録されることは、想定外の話しとなるわけです。
よくスクラップにした状態のことを廃車と呼んでいますが、名義を確実に削除する手続きまで行うことが重要です。
後日の税金のトラブルなどに巻き込まれないためにも、使用しない自動車は早めに廃車登録を行うことが求められています。

廃車をスクラップする費用はいくら?

大切に乗ってきた車も、あまりに故障が多くなったり、不具合が目立つようになってくると廃車処分にして新しい車に乗り換えするのがおすすめです。
こだわりのある人は、修理を繰り返しながら同じ車を乗り続けるという人もいますが、余計な出費が増えてしまいますし、修理できない様な状況になってしまう事もあります。
不要になった車を廃車にする際には、解体工場に持ち込んでスクラップにする必要がありますが、工場によっては数万円の費用がかかる事もありますし、自走できない様な状態の車の場合、工場までの運搬も手配しなければならず、費用が余計にかかってしまいます。
そこで、こうした車を処分するのであれば、廃車専門の買取業者を利用するのも良い方法です。
一見価値の無いように見える車も、海外の中古車市場などでは需要がありますし、部品取りやリサイクル資源として再利用できるので、十分に買取の対象として扱ってもらうことができます。
業者によっては無料での引き取りを行っているところもあるので、自走できない状態でも安心して利用することができます。