放置車両を廃車にするには?

放置車両を廃車にするには? 空き地や店舗の駐車場などに長期間にわたって放置されている車両を見かける事がしばしばあります。
そういった車両を廃車にする場合、どのような手続きが必要なのでしょうか。
自分の土地に所有者不明の車が放置され、それを無断で処分してしまうと所有者側から訴えられてしまう可能性が有ります。
まずは警察に調べてもらい、所有者に期限内に車両の移動を依頼する旨を通達してももらいましょう。
もし期限を過ぎても通達を無視している場合、再度通達する必要が有りますが、警察では個人情報保護の為、所有者の住所を教えてもらうことは出来ません。
自分で調べるためには陸運局を通じて所有者を特定する必要が有ります。
その後、内容証明を送ることで再度撤去の通達をしましょう。
それでも無視された場合には簡易裁判で訴訟を起こし、勝訴すれば車の所有権を勝ち取ることが可能になります。
所有権を取れれば車の処分が自分にゆだねられますので廃車することが可能になります。
万が一所有者がわからず通達も出来ない場合には、車の前後の分かりやすい場所に撤去する旨と期日を記載し、期日までに車の移動がされなければ廃車することが可能です。
ただし、撤去後に所有者が現れて訴えを起こされる可能性も否定できません。
その場合を考慮してそれまでの経緯を証明できる証人をや証拠を揃えておくことが大切です。

放置車両の廃車処分のやり方

放置車両の廃車処分のやり方としては、まず、警察に連絡をして持ち主を調べてもらうよう依頼します。
警察では、放置車両の撤去はできませんが、その車の所有者に連絡をし所有者が引き取りにきて解決する場合もあります。
しかし、所有者が引き取りに応じなかった場合は、陸運局に行き、登録事項等の証明書を取得し、内容証明郵便を送り、改めて車の撤去を要求します。
そして、内容証明を郵送しても要求に応じない場合は、簡易裁判所で訴訟を起こします。
勝訴を取得することができれば、車の競売手続きを裁判所に申し立て、その車を落札します。
この時点で、車の所有者は自分になりますので、撤去することが可能になります。
また、放置車両を廃車する際に必要になる費用の相場は1万円から2万円程度ですが、車の状態が悪ければ料金も高くなります。
さらに、古い車の場合はリサイクル料金が未払いの可能性もありますので注意が必要です。
このように、放置車両の問題は長期化することで金銭的にも精神的にも大きなダメージになりますので、短期間で行う必要があります。