軽自動車の廃車について

軽自動車の廃車について 軽自動車の廃車も普通自動車と基本的には何も変わりありません。
しかし登録手続きが違う面もあります。
それは普通自動車と違って登録に実印による手続きが要らないことです。
つまり登録するときも廃車するときも個人名義の場合には印鑑証明書を用意する必要がないと言うことです。
押捺が必要な書類はもちろんありますがその場合でも印鑑証明書は必要なく、実印として登録されている印である必要がないのです。
つまり個人名義の軽自動車を廃車する書類の手続きは認印で出来ると言うことになります。
また印鑑証明書が不要なだけでなく、新規登録のときに提出義務のあった住民票の写しの提出も必要ありません。
持っていくものは認印だけです。
もちろん返納するナンバープレートと車検証は必要ですが、それだけです。
名義人本人でない人が手続きする場合にも、認印を押した申請依頼書を用意するだけど、この用紙は軽自動車協会にありますが、プリントアウトすれば使えるPDFファイルなどが公開もされています。

軽自動車を廃車するときに役立つ知識

軽自動車が不要になり、廃車にする際様々な書類と知識が必要になります。
自動車の廃車手続きを行う時、確認しなければならないのが、車の所有権がだれにあるかということです。
車のローンなどで購入した場合は、所有権はローン会社のままになっている場合があるので注意が必要です。
車の所有権が他人にある場合、そのままでは自動車の廃車の手続きを行うことは出来ないので所有者か車屋さんに連絡し、所有権を解除しておかなければなりません。
その上で所有者の認印、車検証、前後2枚のナンバープレート、車の解体が完了した際解体業者から報告される移動報告番号と解体通知日の書かれた書類、リサイクル券、自賠責保険証明書を準備しておきましょう。
解体返納や解体届出の場合は、解体業者が無料で手続きを代行してくれることもあるので、お任せしましょう。
その他書類手続きも業者が原則無料で代行してくれます。
その後、車の解体完了後15日以内にナンバープレートを返納し、確認印、確認シール申請書や必要書類を提出し手続きが完了します。