廃車になった消防車がネットオークションに出品

廃車になった消防車がネットオークションに出品 最近は、廃車になった消防車がネットオークションに出品されているのをよく目にするようになりましたが、実際どのような消防車が出品されるのでしょうか?財政難の自治体が、消防車や救急車を、ネットオークションに出品するケースが相次いでいます。
消防車や救急車は、ネットオークションで人気があり、かなりの高額で落札されることが多いです。
老朽化による経年劣化や、買い換えなどで不要になった消防車は、買い替えの資金に充てるため、官公庁が公売に利用できる専用のネットオークションサイトに出品されます。
消防車のような特殊車輌は、中古車市場ではなかなか買い手を見つけるのが難しいため、個人とのオークションでの直接取引が増加する傾向にあります。
また、廃車にするために多額の費用がかかることも、オークション出品増加の一因です。
機能の一部が故障しているとしても、装備の特殊機構などは、個別に部品取りとして価値があるため、高値で取引されやすいです。

廃車になった路線バスの部品が高価で売却されている

廃車になった路線バスはもうどこにも使い道などないだろうと考える人も少なくありません。
しかし、そのような路線バスも売却は可能です。
廃車にするために解体費用やその手続きのための費用を支払うぐらいなら売却を考えたほうが確実にお得ですし資源を有効活用することになります。
古かったり走行距離が多かったり壊れたりしているバスであっても買取してくれる業者はたくさんあります。
買取が可能な理由はそのようなバスでも需要が大きいからです。
特に海外において日本の製品は高く評価されています。
とても性能が良いですし、世界的にも高い技術が車の中に集約されているからです。
古くて廃車にするようなバスでも修理したり必要なメンテナンスを行って日本の中古バスを活用している国々はたくさんあります。
また、そのバスが走行不能で使用できない状態になっていてもパーツとして使用できるものも多く貴重な商品となります。
また、鉄くずもお金になりますので廃車になった路線バスは高額で売却可能です。