相続財産である自動車の廃車

相続財産である自動車の廃車 自動車の所有者が亡くなった場合には、その自動車は遺産のひとつとして、家族や親族などに相続されることになりますが、そのままでは相続の権利がある人たちが共有している状態となってしまいますので、まずは具体的に誰か特定の人を所有者とするための、遺産分割という手続きをしなければなりません。
この自動車を廃車にしたいという場合であっても、手続き的にはまずは遺産分割のほうが先であるといえます。
遺産分割をするには、相続人の全員が集合して会議を開き、合意を得るというプロセスをとりますが、その後にはかならず遺産分割協議書とよばれる書面に結果を残しておくことがたいせつです。
運輸支局で廃車の手続きをするにあたって、車検証に書かれている住所氏名は、いまだ亡くなった人のものとなっているわけですので、この遺産分割協議書を証拠書類として、相続によって引き継いだものであることを明らかにし、いったん名義を変更する必要があるためです。

永久と一時の区別がある廃車登録

自動車に乗らなくなった場合には、廃車として運輸支局や軽自動車検査協会での登録をする必要が生じます。
この手続きをしないでいると、自動車の所有者に対する税金である自動車税が毎年賦課されてしまうといった弊害が生じてしまいます。
ところで、同じ廃車とはいっても、このような手続きには永久抹消、一時抹消というふたつの区分があり、それぞれに内容が異なっています。
まず、永久抹消登録というのは、自動車そのものを解体してもはや物理的にも乗ることがない状態にするもので、型式が古すぎてもう乗れないと所有者が判断したり、交通事故で大幅に損傷して運転が困難になった場合などが該当します。
いっぽうの一時抹消登録ですが、こちらは国外に転勤や留学になったりして、一時的に自動車に乗らないことに決めた場合について行うものです。
自動車そのものは存在しますが、ナンバープレートを返納してしまうため、一時的に公道上を合法的には乗れなくなります。
ただし、ふたたび登録をしなおせば、ナンバープレートの交付を受けて、公道を走れるようになります。