廃車を行う際の注意点

廃車の極意 廃車を行う時は、いくつかの注意点があります。
一つ目の注意点は、「お金について」。
業者によっては、有料で廃車の手続きを行っている所があります。
査定したり陸運局に持って行ったりすると経費が発生しますから、それ自体はおかしな話ではないのですが、無料だと思い込んでいると、トラブルになるおそれがあります。
また、見積書の内訳もチェックしておきましょう。
特に、還付金のチェックは重要です。
本来、自動車税などの還付金は依頼者が受け取るべき物ですが、自分の懐に入れてしまう業者もいるからです。
二つ目は、「出張見積もりについて」。
出張見積もりを受け付けている業者は、増えています。
依頼者からすると、持って行く手間が省けて楽なのですが、業者によっては、納得の行く結果が得られないと居座ることがあります。
出張見積もり自体はたいてい無料となっていますが、業者からすれば人件費が発生しているので、「できれば成約させたい」と考えているのが理由です。

他人名義の車を廃車にする手続き

他人名義の車を廃車にしようとする場合には、まずは車検証に記載されている名義を変更した上で、通常の廃車、すなわち永久抹消登録を行うという、二段階の手続きが必要となってきます。
これを移転抹消登録などと呼ぶこともありますが、単に段階が多いというだけで、特別なことをするわけではありません。
まずは他人名義の車を自己名義とするための手続きとして、申請書のほか、車の旧所有者からの譲渡証明書、新しい所有者の印鑑登録証明書、実印などといったものが必要となります。
その後の永久抹消登録については、通常の場合と同様で、業者に依頼するのであれば、実印が押捺された所有者の委任状、印鑑登録証明書、ほかに車検証、移動報告番号と解体報告記録日がわかるもの、ナンバープレート、手数料納付書、自動車税および自動車取得税の申告書、申請書が必要となってきます。
なお、これらの手続きは運輸支局、自動車検査登録事務所で行いますが、所定の手数料も納付する必要が生じます。