廃車にともなう手数料\

廃車にともなう手数料 自動車の廃車にあたっての手数料ですが、運輸支局や自動車検査登録事務所で行う、いわゆる抹消登録の手続きに関しては、一時抹消登録であれば350円が手数料として徴収されるものの、永久抹消登録や、一時抹消登録後に解体届出をする場合には、それぞれ無料となっています。
したがって、役所に納付する手数料としては、それほど高額な料金がかかるわけではないのですが、カーディーラーやその他販売業者を経由して廃車の手続きをする場合には、その業者の側の手数料がかかるため、たいていは数万円程度という金額になってきます。
また、廃車にともなって自動車を解体し、廃棄物を処分する以上は、その代金もかかるはずですが、自動車リサイクル法の規定によって、すでに自動車を購入した時点で、必要な自動車リサイクル料金が預託されているはずですので、通常はエアコンなどの装置をあとから増設するなどといったことがない限り、追加で負担を求められるということはありません。

廃車にする手順とは

不用になった自動車を処分する方法としては下取りや買取りを利用して引き取ってもらうか廃車にするかの2つの選択肢があります。
多くの人は下取りや買取りを利用して処分するのが一般的ですが、廃車にして処分する人もいます。
廃車といっても種類があり、自動車を解体して登録を抹消するものと一時的に登録を抹消するものです。
一時的に登録を抹消する場合は税金が掛からないようにするために行うもので、再登録することが前提となっています。
一方で解体してしまう場合には永久登録抹消と呼ばれ再登録を前提としないものになります。
これらの登録抹消の手順としては車検証やナンバープレート、実印、印鑑証明書などの添付書類があれば陸運局で所定の抹消登録申請書に必要事項を記入し提出すれば簡単に行うことができますが、永久登録抹消する場合には、手順として先に解体処分している必要があり、自動車リサイクル券と解体にかかる移動報告番号と解体報告記録日の書類を用意する必要があります。